ホーム > トピッックス > STB(一部機種)の録画不具合に関するおしらせ

お知らせ

STB(一部機種)の録画不具合に関するおしらせ

 

平素は、稲沢CATVをご利用いただき、誠にありがとうございます。
ケーブルテレビサービスにてご利用いただいております、
パナソニック社製セットトップボックス(STB)の一部機種において
発生しております録画/視聴の時間指定予約の不具合につきまして、
お客様にはご心配とご迷惑をお掛けし、深くお詫び申し上げます。
パナソニック社より報告された原因及び解消方法につきまして以下の
通りご連絡申し上げますので、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願
い申し上げます。

【現象】

録画/視聴の時間指定予約において、指定する日が正常に表示されない。

上図「曜日/日」の設定(赤枠部)が通常、左右キー等の操作で1か月先まで
の日付指定ができますが、現在は希望の日付を指定できない事象が発生しております。

【発生原因】

当該機器ソフトウェアのデータ表示処理異常

【発生状況】

(1)2014年2月6日以降
・録画/視聴の時間指定予約において、指定する日が正常に表示されません。

(2)2014年2月25日以降
・電子番組表の表示で、時間方向にスクロールできない等の状態になり、電子番組表からの予約ができなくなります。
また、3月5日以降の日時表示が、誤った表示内容となります。

【対象機種】

Panasonic製 TZ-DCH2810

【不具合の解消方法】

2月17日以降、パナソニック社より本不具合の対策ソフトをオンエアー
(衛星)ダウンロードにて配信いたします。
このソフトをダウンロードし、対象機器をバージョンアップすることで
本不具合が解消されます。
対象機器のバージョンアップは、以下作業を実施いただくことで実施
いただけます。

お手数をおかけし誠に申し訳ございませんが、以下のバージョンアップ
手順を実施いただきますようお願い申し申し上げます。

※テレビ放送の電波に乗って配信されますので、インターネットへの接続は不要です。

【バージョンアップの手順】

(1)セットトップボックスの電源を「入」にします。(本体前面の電源ランプ:緑色)
(2)任意のBSデジタル放送を選局し、15分以上視聴してください。
※この時、セットトップボックスの電源が「入」の状態であれば、テレビの電源は
「切」の状態でも構いません。
(3)次にセットトップボックスの電源を「切」にします。

   電源を「切」の状態のまま数時間お待ちください。(本体前面の電源ランプ:赤色または橙色)
     この時、電源コードをコンセントから抜かないでください。

   更新ソフトウェアの配信は、2月17日以降、毎日一定の時間サイクルで自動配信されます。

   更新ソフトウェア配信時に、セットトップボックスの電源が「切」の状態の時、

   本体のソフトウェアのバージョンアップが自動的に開始されます。

  • ※ご就寝時や外出時など、セットトップボックスを長時間お使いにならない時に、
  •  実施していただくことをお勧めいたします。
    ※あらかじめ録画予約をされている場合、セットトップボックスの電源が自動で入りますので、 正常にバージョンアップができない場合がございます。
     予約されている時間を避けて実施していただくことをお勧めいたします。
  • ※ダウンロードを確実に行うためにも、ご使用にならないときは電源ボタンで
  •  電源を切っておくようにお願いします。
  • ※電源コードは、差したままにしてください。
  • ※タイミングによっては、配信時刻にバージョンアップされない場合もありますが、
  •  その場合は次回以降の指定時刻にバージョンアップを実施しますのでご安心ください。

【ソフトウェアのバージョンの確認方法】

セットトップボックスのソフトウェアバージョンの確認方法は、以下のパナソニック社サポート情報ページをご確認ください。

パナソニック社 サポート情報
http://panasonic.biz/broad/catv-support/attention/epg.html

Share on Facebook

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

 

ホーム > トピッックス > STB(一部機種)の録画不具合に関するおしらせ

このページの先頭に戻る